石城(いわき)山岳会のホームページは下記へ引っ越しました    

        << 石城山岳会.jp >>
 リンクなどを貼られていた方は、お手数ですが、変更をお願いいたします。(2019/8/23)




  
以下、このホームページは、山と自然を愛する個人の「自然環境保護のページ」となります。

  「 八十八里越峠の小屋 」

    「八十里 腰抜け武士の 越す峠」

明治維新の頃、徳川武士の生き方を全うすべく、薩長連合と対峙した長岡藩「河井継之助」が主人公の
司馬遼太郎の小説「峠」にちなんだ、山と自然のページです。継之助と自然保護は直接関係ありませんが
当ページは自然環境保護の情報を発信していきます。
   河井継之助記念館のホームページ(福島県只見町)

河井継之助が主人公の映画「峠 最後の侍」は、2020年公開予定です。
   「峠 最後のサムライ」公式サイト
   映画『峠 最後のサムライ』あらすじ・キャスト・原作






[ 1 ] 自然環境保護の動向  
(1)日本自然保護協会

(2)奈良公園の環境を守る会・高畑町住民有志の会
奈良公園の木々が次々と伐採され、富裕層を対象にした高級リゾートホテル建設に向けて、工事が開始されました。
壊された自然環境は二度と元には戻せません。

(3)書籍「地球を巡る不都合な物質」 日本環境化学会編著 (講談社BLUE BACKS)
  拡散する化学物質がもたらすもの




[ 2 ] 再生可能エネルギー問題を考える  
(1)風力発電について
阿武隈山地の大規模風力発電建設計画について
あぶくま山地 風力発電問題を考える

ニッポンの原風景・四万十川がピンチ!国内最大級の巨大風力発電計画を止めたい!

えひめ風車NET

ドイツの「エネルギー転換政策」がノルウェーの大自然を絶賛破壊中
なぜこんなことがまかり通るのか

「山を守れた」と山伏安堵 山形の風力発電計画、住民らの反対で白紙撤回

主役は陸上から洋上へ、風車版“ムーア則”も再起動

「中国製風車」が倒壊事故 同社の風車は全国に400基も

風力発電の設置拡大政策に立ちふさがる高い壁
地域紛争が増加、自然保護など課題が多い


大規模風力発電所、心配の声相次ぐ 糸島市で住民説明会

「洋上風力発電」で広がる波紋…! 「利権ベンチャー」擁護に走る「経産省・国交省」の不思議


(2)地熱発電について
日本温泉協会は、無秩序な地熱開発に反対します。


(3)水力発電について
21世紀の日本は「ダム」によって救われる!


(4)太陽光発電について
顕在化しつつある太陽光発電の問題点

鴨川メガーソーラー建設の中止を求める会

「日本最後の清流」と呼ばれる四万十川にメガソーラーを作ろうなんて!酷すぎる!

高麗本郷メガソーラー問題を考える会

メガソーラー建設反対運動が続発、太陽光発電は本当に「エコ」か

加治丘陵の自然を考える会・飯能

独自】再生エネ発電、住民合意前提に「促進区域」…「太陽光」トラブル多発で新制度
各地で太陽光発電施設などの建設が進む一方で、森林伐採に伴う景観破壊や土砂崩れといった
防災上の問題が浮き彫りとなり、住民トラブルが多発している。

【特集】小さな町での『メガソーラー計画』1000人集団提訴に発展 なぜ一部の町民しか知らなかった?住民の不安と怒り

メガソーラーが自然環境を破壊する?
無秩序な開発とそれによる自然破壊を抑えるためには、何らかの法律が必要なのではないか。
地球環境を守るための再生可能エネルギーの増産が、かえって環境破壊を引き起こすという矛盾は、
何としても避けなければならない。



[ 3 ] 山と自然   
(1)個人山行









[ 4 ] 政治・社会問題の動向
(1)田原総一朗「テレビも政治家も困惑する国民が政治に関心示さぬ理由」

(2)「自然エネルギー立国」を旗印に 立憲代表、衆院選へ全国行脚
時事通信ニュース(2020/9/20)より引用
「枝野氏は、千葉県鎌ケ谷市で支持者らとの対話集会に参加。
太陽光や風力などの自然エネルギー分野で、「日本は世界をリードし得る力を持っている。
これがわれわれの経済政策だ」と訴えた。」




当HPへのご連絡は qinz08773@gmail.com

リンクはご自由にお張りください。(ただし予告なしに改訂等が有ります。)

当HPに掲載された資料(電子文書、画像含む)や個人情報などの商業利用、誹謗中傷や犯罪詐欺行為利用
は堅くお断りします。