石城(いわき)山岳会のホームページへようこそ!    

                           

             

当会は1956年に創立された、主に福島県いわき市在住の社会人による山岳会です。
当山岳会は登山の普及、技術の向上、山岳に関する研究など、登山を通し、スポーツと
自然保護の高揚を目的としている、日本山岳協会・福島県山岳連盟加盟の山岳会です。
会員数32名で、ハイキング、岩登り、沢登り、山スキー、技術講習などの活動をおこない、
機関誌「四方山通信」を月一回発行、会報「二ツ箭」を年一回発行しています。(県岳連加盟)



    機関誌 四方山通信 2016年8月号

    機関誌 四方山通信 2016年9月号

    機関誌 四方山通信 2016年10月号

    機関誌 四方山通信 2016年11月号

    機関誌 四方山通信 2016年12月号

    機関誌 四方山通信 2017年1月号

    機関誌 四方山通信 2017年2月号

    機関誌 四方山通信 2017年3月号

    機関誌 四方山通信 2017年4月号

    機関誌 四方山通信 2017年5月号

    機関誌 四方山通信 2017年6月号

    機関誌 四方山通信 2017年7月号

    機関誌 四方山通信 2017年9月号

    ※pdf Fileなので、ご覧になるには<Adobe Acrobat Reader>のインストールが必要です。
     雑誌の付録等に付いていますが、お持ちでない方は上記URLから無料ダウンロードできます。


  << 第十二回 いわき七峰縦走 案内 >>

  本年の参加受付は、10月31日で終了しました。

   開催案内資料




当会の主なホームグランドは「二ツ箭山」「背戸峨廊」「安達太良山」などです。
二ツ箭山
     

二ツ箭山 詳細ルート図 (ただしあくまで概念図です。万一ルートを誤っても当会では責任をとれません。
                    極力経験者を同行しましょう。)
<二ツ箭山紹介>山と渓谷社「分県登山ガイド福島県の山」、歴史春秋社「ふくしまの山BEST50」にも紹介されている、いわき市の北西にある
標高709mの山。本では初級向きコースとなっているが、上部は岩場がいくつもあり、ルートもわかりにくい箇所があるので、慎重に行動すること。
標高のわりに上部は鋭い岩鉾となっており、鎖場もあるので、岩登りの練習コースとしても有名。山頂への道は「尾根コース」「沢コース」
「月山新道」「峠コース」などあるが、どれも片道一時間から二時間くらい。
ただし山頂付近の岩場(鎖場)では注意して慎重に行動し、安易に岩場にとりつかないこと。
近年有名になったためか、県外からのパーティも多く、いわき市内からは日帰りハイキングコースでもあるため、休日は家族連れで混雑する。
ここからさらに「吃兎屋山」「猫啼山」までの縦走コースも選択できる。(健脚向き)
4月下旬はイワウチワ、5月はアカヤシオ・シロヤシオなどの花が鑑賞できる。尾根の北側では自生のブナ林も見られ、自然林にも恵まれた山。

なお、言うまでもないことですが、この山域もすべて県立公園です。貴重な自然環境なので、マナーを守りましょう。
平成十三年11月23日月山新道の下部で植生保護ロープが何者かによって勝手に抜き取られていたのが発見されました。
私たち人間もこの自然環境の一部にすぎません。未来へこの地球をそのまま残していくよう、自然を破壊するような行為は厳に慎みましょう。
                


背戸峨廊
     

安達太良山
     



 << 阿武隈山地 風力発電問題を考える >>



        「What's New」              「山の本紹介」

             「市民山行のページ」      


        「PHOTO GALLERY」          「いわき市の山と渓谷」


            「リンク集」




                                         

        


当山岳会への質問・連絡事項、またはこのホームページの感想などは、上記宛Eメールでお寄せください。
リンクはご自由にお張りください。(ただし予告なしに改訂等が有ります。)

当ホームページに掲載されたいかなる資料(電子文書、写真含む)も、許可無く商業利用、他への転載
発行などは禁止します。必要のある場合は、ご連絡ください。