上の図を10m等高線に拡大して
表示すると、左図のようになります。
なかなかの高精度です。
鋸山山頂でeTrexにマーキングした
ウェイポイントも、地図上に正確に
表示されています。
ところどころルート軌跡が切れているのは、衛星からの電波を捕捉しそこなった区間があるからです。
特に衛星電波をキャッチできない深い谷に入ってしまうと、現在位置がわからなくなるので、注意が必要です。

     eTrex の部屋


今やすっかりポピュラーになった、カーナビに使われているGPSを、ご存じない方はいないでしょう。
GPSとは、簡単に言うと、天空に打ち上げた幾つかの衛星からの電波を受信・演算して、正確な現在位置
の緯度経度を表示する技術です。携帯電話にもGPSを搭載した機種がふえつつあります。
こんな便利なGPSを、アウトドアフィールドでも使えたらいいなー、と思っていたら実はだいぶ前から
あるのです。雑誌「岳人」でも何回か記事に取り上げられているので、既にご存じの方も多いと思います。
アウトドア向けのGPS受信機は、数社から発売されていますが、今の所もっとも目にするのは
Garmin社のGtrexシリーズです。このコーナーでは、このGarmin社の代表機種eTrexを実際に使った山歩きや
、使用記を紹介していきます。

   米国Garmin社のホームページ
   http://www.garmin.com/outdoor/

   製品や地図ディスクの日本語版の販売は、国内の「いいよネット」が行っています。
   http://www.iiyo.net/

   軌跡を表示する地図ソフトには、有名な山岳展望ソフト「カシミール3D」が最もよく使われます。(フリーです!)
   http://www.kashmir3d.com/index.html


   さっそく購入したeTrexを、昨年9月の山歩き「奥多摩 大岳山〜鋸山」のときに、ザックの肩にくくりつけて
   登山口から電源オンして軌跡を記録し続けました。といってもオート軌跡なので、電源オンしたら何も操作は
   必要ありません。奥多摩に下山したら、電源をきって帰宅。帰宅したら自宅のパソコンにその軌跡データを
   シリアル通信ケーブルで転送。パソコンにインストールしてある山岳展望ソフト「カシミール3D」の画面上に
   見事に今日歩いたルートが正確に表示されました ! ! !
    

  


  これは便利です。単独行のときも、常に現在位置が正確にわかり、ルートを見失ってもこのeTrexの画面に
  従えば、元の道に戻れるので、心強い限りです。(でも途中で電池が切れたらパーですが・・・)

  








  以下続く (工事中)



     TOPへ戻る