山の本を紹介するページです。

[1] 新刊@2002年8月1日第一刷発行

朝日・飯豊連峰の沢 豊野則夫著 (白山書房\1,800)

最近発刊されたばかりの書籍です。山岳渓流会「岩遊」代表の著者を中心とした同会メンバー達が最新の遡行記録を元に、豊富なカラー写真で各ルートを紹介している、貴重なルート集です。ルートはいずれも3級〜5級上で相当の技術・体力がないと遡行できない沢ばかりですが、記録を読み写真を見ているだけでも、朝日・飯豊連峰の奥深い雄大な自然が味わえます。
※全頁豊富なカラー写真と遡行図、遡行グレード、遡行データ付き


                   


      目次
   (朝日連峰の沢)                           (飯豊連峰の沢)
    1.朝日川 黒俣沢 ガンガラ沢                   1.飯豊川本流
    2.金目川 中俣沢                           2.内ノ倉川 七滝沢
    3.荒川 中俣沢                            3.胎内川 樽の木沢 堂沢
    4.荒川 石滝沢                            4.頼母木川 上の小俣沢
    5.岩井又沢 中俣沢〜東俣沢                    5.頼母木川 足の松沢
    6.三面川 泥又川 東俣沢                      6.大石川 東俣川 千代吉沢
    7.東大鳥川 西の俣沢                        7.玉川 桧山沢
    8.西大鳥川 桝形川                          8.滝川 赤石沢
    9.八久和川
             

      注文は一般書店、または白山書房  http://www.kt.rim.or.jp/~hakusan  まで


[2] 第二弾 「奥利根・谷川連峰の沢」 も出ました。
         

 

[3] エベレストから百名山へ (重廣恒夫著 光文社新書)

      


    目次    プロローグ

第一早 登頂しない登山の喜び 25
      アルパインスタイルと安全登山/ヒマラヤ登山の第一歩/高山病(高
      度障害)/頂上は二〇分/タクティクスとは/まずはルートを見つけ
       る/タクティクスの実行と隊長業/在庫管理/天候だけは変えられな
       い/登頂隊員はどのように決めるのか/命綱の無線通信/返せるもの
       は「登頂」だけ/食料係の悲哀/ヒマラヤで美味しくうどんをゆでる
       コツ/気の遠くなるような梱包作業と発送/シェルパ手帳/テイクイ
       ン・テイクアウトの思想
    交差縦走のタクティクス ー チョモランマ/サガルマタ(一九八八年)

       頂上からの衛星中継/長大な国境稜線の縦走/山岳史上最大、登頂日
       が決められたタクティクス/三国平等の原則/登山隊員を選ぶ/強
       風/最終アタック計画作成/パスポートを持った交差縦走/登頂後の
       仕事/青天の霹靂、登山中止の申し入れ
     未踏の最高峰を登る − ナムチャバルワ (一九九一、九二年)
       「幻の山」 へ/偵 察/長谷川恒男の遭難死/大西宏隊員の遭難/登
       頂断念/二年連続の挑戦/休日の過ごし方/前年の二の舞か/初めて
       人類が立った頂上/自分は登頂断念/何も残さずBC撤収
     未踏の長大な稜線を辿るタクティクス ー マカルー東稜(一九九五年)
       未知のルート/世代交代/隊員選考/マカルー東稜のタクティクス/
       大雪に阻まれる/未知のルートの難しさ/登 頂/心残りの山

第二章 七〇年代のヒマラヤ 125
    エベレストの南壁へ − 第二次RCC隊エベレスト遠征(一九七三年)
       長谷川恒男との出会い/南アルブス甲斐駒ケ岳の厳冬期赤石沢完登/
       第二次RCCからの誘い/先発隊としてカトマンズ入り/高度障害に
       悩まされる/ピンチを迎えた南壁攻略/二正面作戦/南壁世界最高地

      点に到達/あわやベースキャンプで遭難/森田勝さん/長谷川恒男
    世界初、七千メートル峰の縦走 − ナンダデヴイ (一九七六年)
      ウインター営業は山に行ける/ナンダデヴイへの誘い/懐かしい
       面々/羊のキャラバン/第二次縦走の断念
     K2に日本人として初登頂(一九七七年)
       二年続けてのヒマラヤ行き/登攣リーダー/ポーターの雇用/カラコ
      ルム歌合戦/森田勝さん下山/一次隊、登頂失敗/K2の頂上/登頂
       隊員の明と暗/K2会
     垂直の壁、未踏峰ラトツクT峰に臨む (一九七九年)
      初めてのタクティクス/「不可能」な南壁に照準を合わせる/白い津
      浪と落石の恐怖/「広島山の会」 の訪問/垂直のビバーク/頂上アタ
        ック/カメラマンとして再登頂

第三章 チョモランマ北壁 201
     チョモランマ北壁、世界初登攣(一九八〇年)
       ヒマラヤと仕事の両立/メンバー選抜/硬い氷/「日本人のクーロア
      ール」を突破/登頂隊員発表/一次隊は登頂断念、二次隊は遭難/森

       田勝さんのアイスパイル/予想外の苦戦/登 頂/ビバーク/幻覚症状
     世界第三の高峰、カンチェンジュンガの縦走 (一九八四年)
       八〇〇〇メートルを越えた高所での継続登撃/資金調達の名案/遅れ
       気味の日程/ヒマラヤの大空に舞う
     未踏のマッシャブルム北面とブロードピークの連続登攣(一九八五年)
       ドクター賀集の再挑戦/効率のいい登山/悪天候に悩まされる/お客
       さん/ラストチャンスにかける/満身創痍の登頂/下山

第四章 日本百名山一二三目連続踏破
       アウトドア事業部に異動/百名山連続踏破/企画書/「頂上で会いま
       せんか」/百名山登山のタクティクス




        TOPへ戻る